2016.12.22

初めてホームページを作る院長へ!これだけは知っておきたい、効果の高いホームページを作るための基本

ホームページの基本

クリニックの経営になくてはならないホームページ。この記事では、ホームページをただ漠然と作るのではなく、集患効果の高いホームページを制作するために、先生にぜひ知っていただきたい基本をご説明します。

患者がホームページでクリニックを探す理由とは?

ホームページを作るうえで意外と忘れられがちなのが、「なぜ患者はクリニックを探しているのか」という視点です。

こちらが伝えたい情報をただ掲載するのではなく、ホームページを閲覧する患者の気持ちや行動特性を理解することが、ホームページを作る第一歩です。 では、患者はどのような理由からクリニックを探しているのでしょうか?

患者がクリニックを探す理由

  • 現在通院しているクリニック(病院)に不満があるとき
  • 引越してきたばかりで新たなクリニックを探す必要があるとき
  • 馴染みのクリニックが閉院するなどして新たなクリニックを探すとき

以上のような理由が考えられるでしょう。これを踏まえると、自院を選んでもらうためには、現在通院しているクリニックとの違いや、同じ地域にある他院との違いを明らかにしたうえで、患者様に「ここに行こう」と思ってもらわなくてはいけません。

患者が集まるクリニックホームページはここが違う!

では、患者様に「ここに行こう」と思ってもらうために必要なことは何でしょうか?

それは、ホームページ上で、自院だけが持つ「他院との違い」や特徴をはっきりと掲載し、その特徴を知ってもらうことです。 ホームページ上に出てくるたくさんの医院と比較した上で「違いがよくわからない」「特徴がわからない」と思われてしまうと、選ばれる可能性は低くなります。仮に選ばれたとしても、他に良いクリニックが見つかればすぐに離れていくことが考えられます。

患者が集まるホームページとは、「他院とは違う」自院の特徴をしっかり伝えているホームページといえるでしょう。

アピールすべき「他院との違い」とは?

とはいえ、「他院との違いがどこかわからない」「ウチに打ち出せる特徴なんてない」という先生もいらっしゃるかもしれません。そこで考えたいのは、「患者様は何をいちばん知りたいのか?」ということです。

実は、意外と気付かれにくいのですが、患者様にとってクリニックを探すのは「かかりつけ医を探すと同義」です。

つまり、患者様にとっては、「自分がこれから頼りにしていく医師自身がどのような人なのか」というのは、いちばん知りたい情報なのです。実際、院長紹介ページは最もよく見られているコンテンツのひとつです。

先生がどのような考えを持った先生で、どのような想いを持って診療しているのか? どのようなクリニックを実現していきたいか? そのような考え、診療方針などが「他院との違い」となり得るのです。

医療設備や内装などのハード面をアピールするよりも、実現したいクリニックの姿や診療方針、先生自身の経歴や治療に対する考え方、専門性などを、他院との違いを意識して、しっかりと言葉にしていくことで、「選ばれるクリニック」になることができます。 では、このことを踏まえたうえで、具体的に何をどのように載せるべきでしょうか。次はそれを徹底解説していきます。

具体的に徹底解説!クリニックのホームページで必ず伝えたい「5つの情報」

クリニックのホームページで必ず掲載したい情報とは、次の5つです。

  1. 診療方針・考え方
  2. 先生の専門性に関する情報
  3. 院長先生に関する情報
  4. クリニックの雰囲気がわかる情報
  5. クリニックの場所・アクセス・診療時間などのデータ

①診療方針

上述のように、そのクリニックが大切にしていることや診療方針、医院の考え方は、他院との違いを感じさせるうえで大切な情報になります。目指しているクリニックの姿をぜひ表現し、きちんと伝えるページを作りましょう。


②先生の専門性に関する情報

糖尿病や内視鏡検査、白内障手術など、先生が専門とされている内容をホームページに掲載するケースは多いのですが、その際、ただ掲載するのではなく、患者様にもわかる内容で詳しく掲載することが重要です。

たとえば、糖尿病の場合、

  • そもそも糖尿病とはどのような病気なのか?
  • 何が原因となるのか?
  • 当院ではどのような検査ができ、その検査から何がわかるのか?
  • どのような治療をおこなうことになるのか?
  • 普段の生活でどのようなことに気をつけるべきなのか?

といったことまで掲載するのです。

患者様にとって病気になるとわからないことが多く、不安があります。そのとき、病気に関する情報が詳しく、わかりやすく掲載されていると、「この先生ならわかりやすく丁寧に診てくれそう」と感じてもらえます。


③院長先生に関する情報

前述のように、患者様にとって医院を選ぶことは、かかりつけ医師を選ぶことと同義です。

院長紹介ページには、医師を志したきっかけや院長先生の勤務医時代の経験や実績、開業にいたった経緯など、詳細に載せることが好ましいでしょう。


④クリニックの雰囲気がわかる情報

ホームページが看板やパンフレットなどの広告媒体と大きく違うのは、「掲載できる情報量が多い」ということです。写真や動画も掲載できます。この利点はぜひ活用しましょう。

院長先生の優しい笑顔の写真や、明るいスタッフの写真、 先生やスタッフが患者様に語りかけたり処置をしたりしている写真、 検査機器とそれの検査シーンがわかる写真、待合室の写真などなど、 積極的に掲載しましょう。

これらは診療とは直接関係がありませんが、これらが充実していることで医院の雰囲気が伝わり、行く前の「どんなクリニックだろう」という不安が少なくなります。顔写真を入れることに抵抗がある先生は多いのですが、先生やスタッフなど人の写真が入るだけで、ぬくもりや親しみ感を醸し出すことができます。

また、掲載していない他院のホームページと比べて、格段に印象が良くなります。 写真を掲載する際には、ぜひプロのカメラマンに撮ってもらいましょう。「ホームページの印象の8割は写真で決まる」ともいわれます。「明るくてきれいな待合室」と文章で説明しても伝わりませんが、キレイな写真はそれを一瞬で伝えることができます。

もし写真が暗かったり汚かったりすると逆効果で、悪い印象を与えてしまうこともありますので、プロのカメラマンによるクオリティの高い写真を掲載することをお勧めします。


⑤クリニックの場所・アクセス・診療時間などのデータ

いうまでもありませんが、診療時間や休診日、クリニックの場所、最寄駅からの行き方、駐車場の有無などは不可欠です。

とくにクリニックの場所や入口が分かりにくい場合は、アクセスマップを掲載しましょう。

駅前であれば、駅の出口からクリニックの入口までのルートをすべて写真付きで紹介する、郊外などで車でのアクセスがメインであれば、目印となる場所からのアクセス方法を写真付きで紹介するとスムーズです。

このようなちょっとしたひと手間が、患者様のストレスを軽減し、クリニックの定着につながります。

ホームページで口コミを増やす

上記を読んで、「ええ?!そんなに詳しく掲載するの?」と思われたかもしれません。

しかし、ホームページにたくさんの情報を掲載することは、口コミやファンを増やすことにもつながります。 というのも、仮に何年もクリニックにかかっている常連の患者様がいたとしても、実はそれほどクリニックのことは知らないものです。

たとえば院長先生がどこの大学出身かは知っていても、そこでどのような経験を積まれてきたかはわからないのです。

しかし人は、たくさんの情報を得るとそのものを好きになり、また人に話したくなります。 ホームページから院長先生の人柄・専門性がわかり、医院の雰囲気が伝わることで、クリニックのファンを増やすことができ、また、知り合いに「ホームページがあるよ」と紹介しやすくなるのです。

口コミを増やすためにも、ホームページの重要性を認識し、上記の基本を踏まえたしっかりしたホームページを作成したいものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ホームページはクリニックにとって今や欠かせない集患ツールです。医療広告規制が厳しい中で、規制の対象でないホームページをいかに活用できるかが、クリニックの集患力を左右するといっても過言ではありません。

他院と同じような、ありきたりなホームページではなく、地域の方に同じ診療科の他院との違いが明確に理解いただけるような、わかりやすく情報量が多いホームページの作成がポイントです。

  • 2018年度開業基礎講座受付中!
  • 2018年度経営基礎講座受付中!