2016.12.22

充実したスタッフ数確保のために!応募者が増える求人方法を知る

求人募集

クリニック開業にあたって、新たなスタッフの求人を行う先生は多いでしょう。医師は院長一人でも問題ないかもしれませんが、看護師や医療事務員など、クリニック運営には医師以外にも多くのスタッフが必要になります。
しかし、適当に求人を行うだけでは思ったように応募は集まりません。特に、医師や看護師は常に人材不足とも言われ、他のクリニックとの取り合いになることも少なくありません。

このような状況で十分な応募者を集めるには、求職者にぜひこのクリニックに応募したいと興味を持ってもらうための仕組み、取り組みが必要になります。

そのためには給与などの採用条件はもちろん、求める人物像、クリニックの診療方針、自院で働くことのメリットなど、より詳しい求人内容を伝え、採用前から十分な情報提供を行う必要があります。
この記事では、求人の際により応募者を増やすための考え方、手段を解説しています。また、各宣伝媒体を紹介し、簡単にメリット・デメリットについても解説しています。

応募者をより増やすためには?

応募者を増やすために、どのような取り組みを行えばいいのでしょうか?まず最も重要なのが、求職者にクリニックの存在を知ってもらうことです。たとえどれだけ好条件で募集をかけていても、その存在が知られなければ応募者は集まりません。当たり前のように思えますが、この視点が抜けている人、または知っていても上手く実践できていない人が非常に多いです。

クリニックの存在を多くの人に知ってもらうためには、露出機会を多くすることが重要です。具体的な宣伝媒体は後述しますが、様々な媒体を駆使して十分な露出を行い、求職者に積極的にアプローチしていく必要があります。

また、求職者により多くの情報を伝えることもとても重要です。スタッフ募集という文言だけでは勤務体系や給与が分からないですし、具体的な職場環境も分かりません。このような募集には誰も応募しようとは思わないでしょう。

募集要項や採用条件を十分に記載し、加えてどんな職場環境なのか、クリニックはどんな人材を求めているのかをはっきりさせることが大切です。 募集内容を綿密に記載することで、他のクリニックの募集情報との差別化になりますし、よりこちらの希望に沿った応募者が集まる可能性が高くなるでしょう。

具体的な宣伝媒体について

現在、求人広告を出せる媒体は様々なものがあり、それぞれにメリット・デメリットが存在します。以下で簡単に紹介しています。

ハローワーク

最もポピュラーな求人媒体です。メリットは知名度が高いために利用者がとても多く、また無料で募集を行えるため求人活動にコストがかからないことが挙げられます。

しかし、ある一定の経験を積んだ人材は専門的な転職サイトを利用して求職活動を行うことが多いため、即戦力となるスタッフを探すことは難しいかもしれません。

ナースセンター

ナースセンターは各都道府県に設置されており、看護師専用のハローワークとも言うべき職業紹介所です。 こちらも無料で募集をかけることができ、また、利用者がほとんど看護師に限られているため、より希望通りの人材を見つけやすい、という利点があります。

しかし、慢性的な看護師不足から売り手市場になっていることが多く、しっかりとした魅力的な募集内容で広告を出さないと、十分な数の応募者を集めることは難しいでしょう。

求人広告媒体(web、フリーペーパー、チラシなど)

インターネット上の転職サイトなどを利用する方法もあります。「医療事務 求人」などで検索し、上位に出てきたサイトに掲載依頼を出すとよいでしょう。ただ、一般的にサイトが大規模になるほど広告費用も高くなります。費用対効果を考えて納得できる価格のところに依頼しましょう。

また、昔ながらの求人方法としてフリーペーパーや新聞折込のチラシを用いるのも一つの手段です。特に、折込チラシなどでは副次的な効果として地域住民への宣伝にもなるので、集患に繋がる可能性もあります。

欠点として考えられるのは、依頼から掲載までの期間が比較的長くなりがちなことです。そのため、上手く利用するには計画性が求められます。最適な時期に発行されるよう、開業時期などのタイミングを考慮して利用しましょう。

人材紹介・派遣会社

人材紹介会社や派遣会社を利用して、派遣社員としてスタッフを雇用するのも一つの手です。この採用方法のメリットは、採用活動がほとんど必要なく、それでいて経験者を雇いやすいことが挙げられます。特に、紹介会社ならば経歴、性別などこちらの要望に合致した優秀な人材が採用できることが多く、即戦力として期待できます。

しかし、人材紹介会社を介して雇用するとコストが余計にかかります。例えば、派遣会社を通して雇用した場合は、派遣社員へ支払う給料に加え、派遣会社にも費用を支払う必要があります。全体の費用の目安としては、正規採用者の1.5倍程度と考えておくとよいでしょう。

また、紹介会社の場合は条件にこだわるほど紹介までに時間がかかり、採用が遅れてしまいがちです。さらに、紹介された応募者を正規採用する際に、紹介された方の想定年収の20%程度を紹介手数料として支払う必要があります。メリットとデメリットを天秤にかけてより良い方法を選択しましょう。

縁故

縁故とは簡単に言うと「コネ」のことで、前の職場の同僚に声をかけたり、人づてに紹介してもらったりといった求人方法があります。

一緒に仕事をした経験があれば、お互いの能力、雰囲気などをよく知っているので、採用後の人間関係も安定しやすいでしょう。 ただ、前の職場から見るといわゆる「引き抜き」になり、関係性が悪化する場合もあることは知っておきましょう。

特に、開業準備をしている在職中に周囲の人にそういった情報が漏れると、上司との軋轢など人間関係で面倒なことになりかねないので慎重に行動する必要があります。

求職者はほぼ必ずホームページをチェックしている

現在、求職活動のメイン媒体はインターネットと言っても過言ではありません。ほとんどの人が情報収集にネットを利用しています。そのため、求人活動を行うなら自院のホームページを作成して、採用ページを準備しておくことは必須だと言えるでしょう。

そして、募集要項を記載したページの内容も応募者の質に大きく関わっています。あるアンケートでは、働く場所を選ぶ上での一番のポイントは「一緒に働く人」や「職場の雰囲気」だったそうです。そのため、スタッフが笑顔で生き生きと働いている写真や、「先輩スタッフの声」として職場の印象、仕事のやりがいなどのエピソードを採用情報ページに記載しておけば、求職者はより安心でき、結果として応募者の増加に繋がるでしょう。また、一日の仕事の流れや自院の診療理念などを載せておくことも有効な方法です。

そして、あえて働くうえで大変なことを掲載するのも一つの大きなポイントです。これは実際に働き始めたときのギャップを少しでも埋めるためで、想像していたのと違った、といった理由での離職を避けることに繋がります。

そういった内容を事前に確認しているかをチェックする意味で、面接時に自院のホームページを見てどうだったか、などの質問を行うとよいでしょう。もちろん求人広告には、「ホームページをご確認のうえお問い合わせ下さい」の一言を記載しておきましょう。

まとめ

クリニック運営には十分なスタッフ数の確保が必須です。人手が足りなければ少ない人数で仕事を回していくことになり、必然的に激務になります。その結果、離職者が増えてさらに激務に、と負のサイクルに陥ってしまう可能性もあります。
人材確保も経営者にとって重要な能力ですから、ぜひ効率的な求人方法を身に付けておきましょう。

  • 2018年度開業基礎講座受付中!
  • 2018年度経営基礎講座受付中!