医院開業・経営の秘訣ブログ

2018年07月02日(月)

人件費以外にどんなものがあるの?クリニックの経費の種類まとめ

クリニックを維持していくには、人件費以外にもいろいろな経費がかかります。

店舗の家賃や電気代、リース料などさまざまです。

その中でも今回は、人件費以外の経費について説明します。

 

前提として、ここでの分類は厳密なものではありません。

たとえば、医師会の会費を「諸会費」という科目で処理しているクリニックもありますし、「支払手数料」という科目で処理しているクリニックもあります。

 

このようにクリニックによって、科目がわかれることもありますが、大事なのは、毎年継続して同じ科目で処理することです。なぜなら、同じ医師会の会費でも昨年は「諸会費」、今年は「支払手数料」と処理が違ってしまうと、昨年の決算書と今年の決算書の比較がしにくくなるからです。

ですので、処理に迷うような経費が発生した場合は税理士と相談して、毎年同じ科目で処理するようにしてください。

 

クリニックの経費一覧

クリニックの経費の代表的なものとしては、人件費以外にも次のような科目があります。

 

店舗の維持にかかる経費

  • 地代家賃 → クリニックの店舗の家賃、駐車場代
  • 水道光熱費 → 電気代、ガス代、水道代
  • 減価償却費 → 内装設備や車などを数年かけて費用にしているもの
  • リース料 → 医療機器などのリース料

その他の経費

  • 通信費 → 電話料金、FAX料金
  • 広告宣伝費 → 看板掲載料、ホームぺージ作成料、パンフレット作成料など
  • 損害保険料 → 火災保険料など
  • 車両費 → ガソリン代、車検料、保険料、タイヤの交換費用な
  • 修繕費 → 内装設備などの修理費
  • 租税公課 → 固定資産税や印紙税など
  • 消耗品費 → 文房具やコピー用紙などの消耗品費用
  • 利子割引料 → 銀行からの借入金に対する利息

クリニックの場合は、大まかにいうと、経費の約半分が人件費になります。
それ以外の経費で大きいのが、クリニックの維持にかかる費用、つまり

 

  • 地代家賃
  • 水道光熱費
  • 減価償却費
  • リース料

になります。

店舗の維持にかかる費用は経費全体の30%ぐらいになることが多いです。

人件費と店舗の維持にかかる費用以外にもさまざまな経費がかかりますが、これは金額が小さいことが多いので、まとめて「その他の経費」とひとくくりに考えるようにした方が決算書を簡単に理解できます。

 

いかがだったでしょうか。

クリニックの経費について理解することは、決算書の理解にも繋がります。

決算書や月次の資料を読み取き、自院のお金の流れを知ることは、経営者として非常に重要なことです。診療やスタッフのマネジメントなど日々の業務におわれがちになってしまいますが、一つ一つ改めて理解していくことが大切です。

 

 

開業・経営のご相談 お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
電話番号
メールでのお問い合わせ
医院開業・経営について問い合わせる

このページのトップへ