医院開業・経営の秘訣ブログ

2016年09月11日(日)

2階以上のクリニック必見!費用対効果の高い看板活用事例

ビルのテナントで開業されている場合、掲載できる看板の場所は限られてしまいます。 その中でも必ず押さえておきたい看板のポイントをご紹介いたします。

窓を利用したウィンドウサインの活用

テナントの2階の場合などは前を通る通行者に対する訴求が非常に難しくなります。 そこで窓を活用しこのビルにクリニックが入っているということをアピールすることができます。またウィンドウサインは他の看板に比べ安価で、デザインに制限がないため、とても使いやすい看板です。また窓の後ろに照明をつけることで、夜もかなり明るく看板を見せることも可能です。2階以上のクリニックの場合、最低限押さえておきたいポイントです。

院前の自動ドアのガラス面を全面に活用し存在感を出す

医療モールなどの場合、自分のクリニックではない他の科のクリニックに来院される患者様も多くいらっしゃいます。そのため、自動ドアのガラス面も十分広告スペースとして活用することが重要です。
院内の雰囲気が外からでも少し見えるように、足元や目線より高い部分を空けたり、すりガラス調の素材を使うことで中の雰囲気が少し見え安心感が増します。 そういった患者様に安心感を与え、印象に残るようなデザインにするのがポイントです。

置き看板にパンフレットを設置

クリニックの前に簡単な置き看板を設置し、そこにパンフレットを自由に持って帰れるような形で設置しておきます。そのテナントに別の用事で来られた方でも、クリニックの前を通った際にパンフレットを持って帰ってもらえるだけで、何かあった際に思い出してもらいやすくなります。

ビルの壁面看板

ビルの壁面に看板を設置することができれば、かなりの訴求力になります。 ただこれはビルのオーナー次第な部分もあり、かなり自由に設置させてもらえる場所もあれば、全くダメというケースもあります。 「駅前で立地が良い場所が見つかった!」としてもそこが2階以上で、ビルに看板をまったくつけさせてもらえないようであれば、その場所は検討し直した方がいいかもしれません。

他にもビルオーナーとの交渉次第で、出せないと思っていた場所に看板を出させてもらえる場合もあります。一度確認してみてはいかがでしょうか。

開業・経営のご相談 お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
電話番号
メールでのお問い合わせ
医院開業・経営について問い合わせる

このページのトップへ