医院開業・経営の秘訣ブログ

2016年09月04日(日)

なぜ?開業したけど、なかなか患者さんが増えない本当の理由

いい診療をしていても、患者さんは増えない…

「いい診療」をしていれば、自然と患者数が集まって、クリニックの開業はうまくいく。少し前まではそれが普通でした。でも、今ではたくさんのクリニックができ、競争が生まれています。

患者さんは、数あるクリニックの中から「自分にとって一番のクリニック」だけを選びます。そして、近くのクリニックよりも良いと思えば、隣駅のクリニックに行きます。先生は、人柄もよく、親身な姿勢で、すばらしい診療実績もお持ちのことだと思います。

でも、それが地域に知られていなければ・・・患者さんが知っていなければ、「先生に診てもらいたい」と、クリニックに集まってはきません。

「いかに地域でよく知られていて、患者さんが集まるクリニックになるか」開業後、先生が最も取り組むべきことは、これです。それが確立されないままでは、いくらたっても経営は軌道にのらず、将来の生活や借入返済の不安が大きくなっていく…
でもどうしたらいいかわからない…
これが現実なのです。

この記事では、そんな先生にお役立ていただける情報を公開しています。

かかかかっかかかか

“発見されにくい” “覚えてもらえない“ ”いま通っている医院よりも良く思えない”と、せっかく開業しても、先生のクリニックに足を運んでもらえません。ここを改善をするだけで、劇的に患者数は変わります。

患者様に存在を知らせる改善3つのポイント

患者視点で看板の設置場所とデザインを改善する

クリニックの存在感と印象は、外観・看板のデザインで決まります。
その見え方を変えるだけで、患者数は増えます。

くくくくっくくくくくくk

けけけけけけっけけけけけけ

こここここここここここここ

他院との違いが伝わるホームページに改善する

患者さまは他のクリニックのホームページと見比べて、「どの先生に診てもらいたいか」を決めます。
院長紹介や専門分野の治療内容について“詳しく書く”ことで選ばれるようになります。

しししししししししし

どのような症状・疾患を診れるのかを伝えるパンフレットを作る

先生の専門性や診療姿勢が伝わるパンフレットを作り、
地域に配ることで来院のきっかけを多くつくることができます。


そ

たくさんの患者さんに来てもらうには、とにかく地域の方にクリニックの魅力を知ってもらうきっかけをつくって、数あるクリニックの中から選ばれる存在になることです。

3.まとめ

診療内容や専門性について、どんな表現でどれだけ詳しく伝えれば、「ぜひ、この先生に診てもらいたい。」と一人でも多くの人に思ってもらえるか。他院よりも魅力的にみえるのか。これをなくして患者数が増えることはありません。

私たちは先生の専門性やクリニックの魅力をしっかりと理解し、「こういう診療ができる」「こんなクリニックです」ということを地域に知らせ支援をします。

これをするだけで、たった数ヶ月で、患者数が2倍になったという例もめずらしくありません。地域によく知られていて、しっかり先生の魅力が伝わるクリニックになれば、必然的に患者さんは増えていくはずなのです。

開業・経営のご相談 お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
電話番号
メールでのお問い合わせ
医院開業・経営について問い合わせる

このページのトップへ