支援実績

税務顧問・経営支援Mクリニック

自分1人では今の状況や問題の解決策がなかなかわからないですが、様々な経験をしている専門の方に相談が出来て、意見を聞けるというのは非常に嬉しいです。

税務会計の顧問としてご支援させていただいております。
経営目標を実現するための集患のご支援を始め、クリニックの組織力を強くするためのミーティングや個人面談、患者様アンケート調査などトータルでご支援させていただいております。
  • 診療科目:整形外科、リハビリテーション科
  • 所在地:兵庫県
  • 支援形態:税務顧問・経営支援
Q1.弊社に依頼された経緯を教えていただけますか?

集患を含め経営全般の相談をできるところを探していたのがきっかけです。以前から担当の税理士がいたので患者数を増やす相談はしていましたが税関係の仕事がメインなので、なかなか具体的な解決策も出ず悩んでました。

Q2.当社を選んだ決め手は何でしょうか?

きっかけはクリニック総合研究所が開催している経営セミナーに参加したことです。セミナーでの話が非常に共感できたことは勿論なのですが、セミナー後もすぐに相談を乗ってもらい、うちの希望を詳しく聞いてくれたところが大きかったですね。他の会社にも話を伺ったことがありましたが、なかなか希望を通してくれなかったので。

Q3.患者数を増やす相談をしてよかったことは何ですか?

1人では患者数を増やすためにまず何をすべきかわかりませんでした。手当たり次第にお金を使って広告するのではなく、相談をしたことで効率のあがるところを押さえ、手をうつよう考えてもらえたのは助かりました。また、今までは自分で制作したホームページを使っていたのですが、「素人では限界がある」と感じていたので、ホームページの制作をしてもらえたのはありがたかったです。

Q4.スタッフの採用について弊社と関わりを持っての変化はありましたか?

元々、採用面は全て私1人でしていたのですが、採用を断る際の連絡や、希望者の面接に手間がかかっていたんです。また面接に関して、素人目では人柄まではわからなくて結局条件に合う人を採用していました。
今は面接が必要かどうかの判断を任せられたり、面接に一緒に入っていただいてアドバイスして頂けるのは助かります。採用に関する手間とストレスがかなり減りました。

Q5.教育面について大変なところはどんなところですか?

スタッフの意見をどれだけ取り入れるかが悩みの1つでした。全員が意見を言ってくれる訳でもないですし。
また、女性スタッフ同士の関係も難しかったです。院長との威厳を失ってはいけないと思う一方で、昨今の風潮を考えるとなかなか強く言えない部分もありどうしたらいいか悩んでいました。個別面談などを私の代わりに実施してもらい、女性スタッフに私の考えを伝える第三者の役割として携わってもらえたのはありがたかったです。

Q6.新しく始めた取り組みとしてやってよかったと思うものは何ですか?

1番は日々の情報共有を込めた毎日の朝礼です。スタッフの気付きを聞ける機会を設けられたのは大きいですね。思っていることは聞いてみないとわからないですし、不満が溜まっていくと取り返しがつかなくなるかもしれないので。雰囲気がよくなったように感じます。

Q7.実際に当社と仕事をし、価値を感じている点は何ですか?

自分1人では今の状況や問題の解決策がなかなかわからないですが、様々な経験をしている専門の方に相談が出来て意見を聞けるというのは非常に嬉しいです。同じ開業医の仲間にもそこまでの話はなかなかできないので。そして画一的なやり方ではなく、状況をよく理解した上で、私のクリニックに合ったアイデアや提案をしてもらえるのは助かります。

Q8.これからの当社への期待は何ですか?

人により状況も違うし、方針も違うと思うのでうちにあったアドバイスを続けて頂けると嬉しいです。型にはまったやり方ではなく、希望も聞いてもらいながらその場に合うやり方を提示していただけたらなと思います。

開業・経営のご相談 お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
電話番号
メールでのお問い合わせ
医院開業・経営について問い合わせる

このページのトップへ