支援実績

経営支援かおるペインクリニック

集患数はもちろんのことだけど、
患者さんの反響が圧倒的に違いました

ホームページ制作をはじめ、看板などトータルでご依頼いただき、現在も継続でご支援させていただいています。サイトに関しては「ブロック注射」でGoogleおよびYahooでも検索1位を獲得されています。
  • 診療科目:ペインクリニック、整形外科
  • 所在地:東京都
  • 支援形態:トータルPR支援(継続中)
  • HP:https://www.kaoru-pc.jp/
Q1.当社をお知りになったきっかけは何でしたか?

知り合いの先生のホームページのリニューアルを御社がやっていたんです。
当時私は別のHP会社に依頼して更新を試みていましたが、時間と労力をかけて依頼をしても満足のいくものができなくて、苦しみ続けていました。
ようやく当院のHPが出来上がったかなと思ったときに、知り合いの先生のホームページを見に行ってみたら、素晴らしいものがあっという間に出来上がっていて(笑)
「ええーっ、先生、お忙しいのにそんな短時間でどうやって改良したんですか?」
「すごいところで作ってもらいましたね」という話をしまして(笑)
それで、知りました。

Q2.当社でサイトリニューアルを行おうと思った理由はなんですか?

前のHP会社の担当者とやっていても、なかなかコミュニケーションがうまくいかなくて非常に困っていたんだけど、御社の担当の方と話したら、言葉のキャッチボールがスムーズにできるということに非常に喜びを感じて(笑)
いろいろと作り上げていくんだったら、じゃあもう、新しく作ってしまおうという気持ちになりましたね。

Q3.実際に当社で作ってみてどうでしたか?

結果から言って、もう明らかに違いましたね。
集患数はもちろんのことだけど、患者さんの反響が圧倒的に違いました。そもそも、昔のHPのころは、あれだけ頑張っても1日にHPを見に来る人が500人くらいでしたが、今は、リニューアルしてから6カ月、7カ月の時点で1日3000〜4000人ぐらい来ている。予想していたよりも遥かに上でした。半年で1200まで届けばいいかなという夢は持っていたんですが。
そして読み込まれ方も、やっぱり全然違いました。患者さんもブロック注射を初めから受けたい人がすごく集まるようになった。そこが前とは全然違いますね。患者さんにも「専門的なドクター」という認識の下で来ていると言われるようになりました。

Q4.患者さんの中でも特に貴院の特徴というか、強みに合った患者さんがいらしてくれるようになったのですね。

ええ。前はブロック注射を受けたいという人だけじゃなくて整形外科だといって来る人がけっこういました。駅前にあるということで来る。それはもちろん悪いことではないですが、本当は当院の専門であり強みであるぺインクリニックを目的としていらしていただくことが理想的です。それが今、集患ができることによって、可能になっています。診療スタイルを変えることができているんです。患者さんに選んでもらえる医療だったところから、専門が伝わって本来いらしていただきたいタイプの患者さんに来てもらえるようになりました。

Q5.新患数も増加しましたか?

新患の数もおそらくだけど、もともとは月100人ペース。ペインクリニックで100人というのでも、ちょっと多いと思いますが、それが今は150とか、もっとかな?いらしています。
ほとんど毎日、10人とか15人は簡単に普通に来ていますね。
今、このホームページをアップしてから、遅れる形でどんどん上がってきて、ここ、3、4カ月かな。で、150人オーバーになってきたという感じかな。ちょっと数を出していないけど、200人ぐらいいるんじゃないかな。もう3倍ぐらいになったんじゃないかと思いますよ。マッサージやリハビリではなくて、ブロック注射の患者さんが増えたことがポイントです。

Q6.弊社とのやり取りで具体的に何か印象に残っていることありますか?

いろいろあります。みんな誉め言葉になっちゃいますが、要はちゃんと話が噛み合うだけじゃなくて、いい形に戻ってくる。すごい。これはもう、前のHPの会社と違うところです。以前は、医療に関することなので、なかなか一般のHP会社の方とは話がかみ合わなくて苦労していました。
御社の担当さんのすごいいいところは言ったことをもっといい形で返してくれる。こうしたらどうですか?これはこうしたほうがいいでしょう?という、その自分が思いつくレベルのもっと上のレベルになって返ってくるという。もしくは自分が想像もしていなかったことを、提案してくれますね。
初めは自分の中でも、「えー」と思っているようなことが、よく考えてみると、なるほどねって、ちゃんと理解できるし、理に適ったことを言うし、なおかつ、確実性があるような感じがします。

Q7.これから開業される先生に対してアドバイスはありますか。

宣伝とか看板、ホームページは、すっごく大切ですね。それは金儲け云々とかではなくて、自分のやるべき医療をしっかり提供できる場を作るという意味で、とっても大切だと思います。
例えば、注射ができる技術を持っていても、それを求めてくださる患者さんが来ないがゆえに風邪薬だけ出しているような状態になってしまうと、それは患者さんにとっても医師にとってももったいないことです。自身の専門を活かしていけるということは社会的な貢献にもつながっていくと思います。
私の場合、自分の専門を活かしてブロック注射に専念できている今の状態というのはとてもいい状態だと考えています。それはもちろん、患者さんがいらしてくれるからであり、患者さんが来るためには、やっぱり広告することが大切ですね。

開業・経営のご相談 お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
電話番号
メールでのお問い合わせ
医院開業・経営について問い合わせる

このページのトップへ